予定される手術

私が顎変形症と診断された時点での手術内容です。術前矯正を進めていく中で、変更される可能性があります。

Le Fort I 型(ルフォー)骨切り術

上顎の鼻と奥歯の上の方を結ぶところで骨を切り、歯のある顎の部分を動かします。 こうすることにより上顎は歯がついたまま全体を動かせるようになります。上顎が正しい位置に動かしたら、骨接合用のプレートとネジで上顎をしっかりと固定します。 これは、自然と吸収・分解されるプレートを使うことが多いので、除去手術の必要はありません。

若干の鼻の変形(鼻がのっぺりする、鼻の下がもっこりするなど)が伴います。

 

下顎枝矢状分割術

歯列を含めた下顎全体を移動させる方法です。下顎の立ちあがりの部分(左右の親知らずのあたりの歯茎)を切って下顎骨の内外側を見えるようにします。そして左右の骨を内側と外側の2枚に医療用のこぎりで分割し、外側の顎関節部分の骨は移動させずに、歯のついた内側の骨のみを正しい噛み合わせ位置に前後に移動させます。前や回転等の移動を行うこともあります。
その後、骨接合用のプレートとネジで2枚の骨を固定。プレートは手術から1年くらいで外す手術を行います。

 

オトガイ形成術

下唇の内側の歯茎を切って下顎の先端の形態を修正します。他の手術法で顎の移動を行った場合に、オトガイの長さや左右のバランスを整えるために行います。従って、 単独で行う場合は保険適用外になります。

 

 

実際に行った手術

術前矯正開始から1年半後に下顎枝矢状分割術(移動量8mm)を受けました。その9か月後に抜釘とオトガイ形成術(移動量6mm)を受けました。