【入院初日】オペ前日の入院。計画入院だから楽々スムーズ

入院のお供はiPadと星野源。

院内はWi-Fi完備でサクサク動画が観られるから、これさえあればきっと無敵。

計画入院なので入院手続きに必要な書類や持ち物などゆっくり準備することができた。そのため、一切バタつくこともなく、入院初日は、診察してシャワーしてご飯食べて歯磨きして19時頃にはすることがなくなった。消灯は21時だが、病院内は20時頃にはすでに真夜中風味。

ラッキーなことに角部屋の角ベッドで、個室にグレードアップする必要性も感じない。完全に「アタリ」の部屋だ。

明日は朝9時からオペ。

今回行う手術は、下顎矢状分割術(SSRO)というもの。口腔外科の先生から、顎の回転量が多ければ上顎のオペも検討した方が良いのでは?という提案もあったが、矯正歯科の先生は、上顎のオペは私にとってあまりメリットがないと判断し、下顎のみになった。

口腔外科の先生はオトガイ形成も同時にやれると言っていたが、これまた矯正歯科の先生曰く、腫れが増えてオペがうまくいったかどうかの判断がしにくくなったり、腫れのせいでサージカルバイトプレート(オペ後にはめるマウスピースのようなもの)がハマらなくてテンパるケースが過去にあったことなどから、オトガイ形成はプレートを取る時にやることに。もしかしたら、やらないかもしれない。

オペを担当する先生から、下顎をスライスして前に出すだけでなく、右の顎関節付近の骨を削って高さを調整する必要があるかもとかなんとか。そして、右側の骨がめちゃくちゃ薄いから、かなり難しいし、神経の麻痺が出るかもしれないと説明があった。

まぁ、それも、時が経てば何とかなるでしょう!てことで。

それでは行って参ります。

はーこわこわ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA