矯正用ワックスの使い方

昨日は平気だったのに、突然、ブラケットや金具がほっぺや唇に当って痛くなる。なんでかしら。口の中が太ったのかな?それとも歯が動いたからかな?よく分かりませんが、そんな時はこれの出番。

矯正用ワックスでーす。

説明しよう。矯正用ワックスとは、 矯正装置による口腔内軟組織の刺激を和らげるための保護剤として用いるシリコン製のお助けアイテムだ。

使い方は、棒状のシリコンを適当な大きさにちぎって丸めて、ブラケットや矯正器具に貼るだけ。

あんまり小さくちぎるとすぐにどっかいっちゃって飲んじゃうので、私は広範囲に、でかでかと貼ります。ケチらず大胆に、これポイントです。

パワーチェーンをひっかけるフック部分が痛くなりがち。

透明で見えにくいけど、黄色で囲んだ範囲をブワーッと埋めてます。丸めたら8ミリくらいの塊ができるくらいの大きさです。

このくらい盛ると、食事したり飲み物を飲んだりしても平気だし、(貼る部位によるけど)取れにくいです。もし取れても、洗ってもう一度ねりねりすれば再利用できます。

私は歯磨きの時に外して、洗ってもう一回つけるけど、あくまでも使い捨てなので、何度も繰り返し使わないでね。私は口内炎やほっぺの傷が治るまでの2日くらい繰り返し貼って、捨ててます。

こういう使い方で、1年半で消費したのは、6本入りを3箱くらい。意外と使わない。でも、無いと不安。お守り的に常備しておくといいです。

 

私が矯正用ワックスを買っているのは、楽天のお口の専門店さんです。送料無料、メール便で届くので便利です。

【ポイント5倍】【送料無料】 【分割販売】歯科矯正用ワックス OrthoSil オーソシル(6本入)×3個 歯科専売品

価格:1,248円
(2021/1/26 13:15時点)
感想(32件)

 

トップの画像はお口の専門店よりお借りしました

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA