4回目・5回目の調整

日記をだいぶほったらかしてしまったけれど、矯正は続いております。

 

前回の調整から始めた、下顎のワイヤーをくるりんぱして(写真白○部分)歯間を開ける作戦が効いてきたように思う。

しかし、下の歯のねじれがひどいので、なかなかガタガタがとれず。

 

いよいよ先生が本気出してきた。

ねじれがひどい下の2本と、右上の犬歯の裏にリンガルブラケットを付けて、パワーチェーンでぐるぐる巻きにしてねじれを取る作戦。

裏側矯正でつけるやつだと思うんだけど。

 

※お目汚し失礼します。

 

(ちなみにこの写真は反転)

これがまーちょっーほぉー痛い。

もう痛いのなんて慣れっこなのだけど、新しいタイプの痛みが加わった感じで。

 

5回目の調整も同様で、写真取り忘れ。痛すぎて写真撮り忘れ。

5回目の調整が今までで一番痛かった。食べる時はもちろん、調整後の数日は、風邪を引いたように体調も悪く、ねじれをとっている歯の痛みが脳天まで突き抜けるような頭痛がした。元々噛み合わせが悪く、あまり前歯を使っていなかったけれど、裏側にリンガルブラケットを付けている歯に少しでも食べ物が当たると萎えた。ワイヤーくるりんぱと、表のブラケットと裏側のブラケットのトリプルアタック。まじできちい泣。

 

6回目でようやく下顎のくるりんぱが取れた。

これは調整6回目の後半の写真。

 

 

劇的にねじれがとれたように思う。

この頃になると、歯間が激狭のため、フロスを通すのも一苦労だったのが、すっと通るようになった。

 

 

口を開けるとよく分かる。

この2ヶ月くらい、もんのすごく痛かったけれど、痛みのピークを越えて、歯が綺麗に並んでいくところを見れば、それも忘れる(かも)。

自分的には、だいぶ綺麗になったと思っていたけれど、先生は「やっとスタートライン」的なことを言っていたので心の中で(うそだろーーーーー)と叫んで瞳を閉じ、先生に身をゆだねた。