矯正治療のメリット




 

 

矯正治療は、歯並びを良くするための治療です。顎変形症と診断された場合は、手術の前に歯並びを整えます(術前矯正)。手術で噛み合わせを正しい位置に合わせた後も、さらに歯並びを調整します(術後矯正)。ここで行われる矯正治療は、顎変形症ではない場合の歯列矯正治療とほとんど同じです。

歯並びを良くするメリットとは

  • 口元が美しく見える

歯並びにコンプレックスがある人の多くは、写真が苦手だったり、人前で思いっきり笑うことが苦手だったりします。歯並びを改善することで、見た目が美しくなり、自信を持つことができます。

 

  • 発音がきれいにできる

乱れた歯並びのせいで、息がもれたり、舌が邪魔したりして発音がうまくできないことがあります。

 

  • よく噛めるようになる

歯並びや噛み合わせに問題があると、片方だけで噛んだり、同じところだけで噛んだりすることが多いのですが、矯正後は、上下左右の歯でバランス良く噛むことができます。

 

  • 虫歯や歯周病になりにくくなる

歯の凸凹がとれて、歯磨きがしやすくなり、磨き残しが少なくなります。歯並びや噛み合わせに問題があり、一部の歯に負担がかかっていると、その歯ばかりどんどん消耗していき、虫歯にもなりやすくなります。

 

80歳で20本を目指して

「8020(ハチマルニイマル)運動」をご存知ですか?これは、1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。20本以上の歯があれば、咀嚼が容易にでき、高齢になってもおいしくものを食べられるといわれています。

咀嚼には、おいしく食事を楽しむ以外にも、様々な健康効果があります。例えば、肥満防止(ダイエット効果)、脳機能の向上、胃腸の働きを高めるなどです。自分の歯を維持することが、QOL(生活の質)の維持にもつながります。

矯正治療は、審美的な目的はもちろんのことですが、できるだけ長く自分の歯で食事ができ、人生をたのしむために大切な治療です。